岩堰

高縄山系の三方ヶ森付近に源流を発し栄光酒造のすぐ真横を流れる石手川。
ちょうど栄光酒造の辺りは岩堰(いわぜき)と呼ばれ、賤ヶ岳の七本槍 加藤喜明の家臣 足立重信による1600年台初頭に行われた石手川改修工事の折りに、堅い岩盤を切り開いてつくられた場所です。
現在では景勝地として、荒々しい岩石が石手川の穏やかな清流と重なりその絶景をもとめて観光客が絶えません。

大規模な冷蔵貯蔵施設と管理ノウハウ

栄光酒造では大規模な貯蔵施設を保有しております。
小分けした状態で保管するのではなく、タンクまるごとはいってしまう、冷蔵庫をつくっております。

室温は-5度~-15度と保管する酒類によって部屋ごとわけております。
低温貯蔵すると、お酒の劣化を防ぐことができ、ゆっくりと日本酒を熟成することができます。

出荷するときのラベル貼りや箱詰などの作業でさえも、内部で作業し、外気温に触れるのを防ぎます。
そして、そのまま運送業者に冷蔵庫の中まで取りに来てもらっております。
温度管理のできる店舗様に限定して出荷している商品もございます。

徹底した品質管理だからこそ、自信をもってお届けできるのです。

貯蔵タンク 貯蔵タンク

普通の貯蔵蔵ではありません。
部屋全体が冷蔵室なんです。
目の前のタンクは6,600リットル入り約3mの高さです。

低温貯蔵中の大吟醸酒 低温貯蔵中の大吟醸酒

山田錦米で精米部歩合35%の最高級の特別大吟醸酒も低温貯蔵し熟成を経て出荷されます。

貯蔵庫 貯蔵庫

室温は-5~15度 氷点下の中貯蔵しております。
お酒はアルコールがはいっているので、アルコール度数以上の氷点下温度にならなければ、凍結いたしません。低温貯蔵によって品質の変化なく熟成していきます。

自家精米機の導入

自家精米機 玄米と精米

多くの蔵元では、精米は納入業者に一任しております。
しかし栄光酒造では、精米の段階から酒造りは既に始まっているという考えで、大型の精米機を導入しております。
精米された状態で納入された酒米では良し悪しの判断がつきづらく、脱穀された玄米段階で杜氏が、直接選び厳選したものを丁寧に精米していきます。
酒造りにこだわればこそ、なにもかも納得のいくまでやってみる、岡田杜氏の考えです。
さすがに田植えをして、お米造りからはじめるのは、大変です。 熟練した農家様のほうが、上手に酒米を栽培してもらえます。
精米から酒造りに携わるこのこだわりが、幾度も金賞を受賞する栄光の酒なんです。

ちょっとした事ですが

業務用洗濯機

酒造りで一番使う道具はどんな物だとおもいますか?
一番多く使い無くてはならないもの、それは"布"なんです。
酒米を蒸すときも、麹を仕込むときも、最後の搾り出しのときも、"布"は常に酒造りの中で登場いたします。

そこで栄光酒造は業務用洗濯機を設置しております。
当然、業務用ですので"結構なお値段"の代物です。
無くてもお酒は造れるし、高価なので簡単には買えません。
あえてその洗濯機を設置したのは、理由がありました。
この大型洗濯機は、岡田杜氏が金賞を受賞した折に、ご褒美として、清水社長におねがいして導入してもらった品。
なぜ洗濯機かというのは、衛生面ではもちろんですが、酒造りは雑菌との戦いになります。使用している酵母菌や麹菌よりも雑菌が繁殖してしまえば、著しく味が落ちてしまいます。

そこで杜氏は、「酒造りに頻繁に使う布を常に洗うようにしたい」と考え、設置してもらったという事です。

もちろん、以前から洗濯しておりましたが、どうしても酒造りでつかう布は、とてつもなく大きいものや量が多く、既存の家庭用洗濯機では間に合わず、手洗いで洗う布もあり、一人ではとても洗えない大きいものもありました。
たかが洗濯ですが、全部を常に清潔に保つのは大変でした。
そこでこの業務用洗濯機の設置になったわけなんです。
洗いたいときに洗える。こんな当たり前の事が出来る、この洗濯機のおかげで従業員の負担も減り、常に衛生的な布を使用して仕込みが行えることになったのです。

「蔵人の負担を減らして、いい酒造りがしたい」
杜氏の暖かい心と酒造りにかける情熱があればこそ生まれた話です。

そして、蔵衆のエネルギーは、以前よりもまして酒造りに向けられました。

大型洗濯機の次は高圧スチーム洗浄機

高圧スチーム洗浄機

貯蔵タンクにしても、酒米の蒸し器にしても
蔵元の道具は桁違いに大きい。
仕込みがおわれば蔵人がひとつ一つ手洗いしておりました。
ですが、何度も仕込みをする時期には、大急ぎで洗い、次の仕込みに向け備えていました。

杜氏は考えました。
「もっと簡単に、迅速に、清潔にできないだろうか」
色々と方法をさぐり、研究してそこでこの「高圧スチーム洗浄機」を見つけたのです。
今でこそ、テレビショッピングなどで家庭に普及していますが、その当時では、一部の業界専用で流通しているだけでした。
「高圧スチーム洗浄機」により隅々まで簡単に迅速・清潔に保つことができ、そして蔵人たちの負担がもっと軽減しました。
伝統の技術も大切に、現代の知恵を融合する。そして酒造りの随所に他にも多くのアイデアがちりばめられており、それが栄光の酒になります。